発達障害の子との毎日

発達障害の子供との日常を綴っています。真面目な話あり、くだらない話ありです。

修学旅行で3年生不在。寂しい。

シュウが通う中学校では先日、3年生が修学旅行へ。その為シュウは、「3年生がいないから寂しいし、つまんない・・・。」と言っていました。その言葉を聞いて、「上級生と良い関係を築けているんだな。しかし、同級生もいるじゃん。そちらとも良い関係を築いてくれ。」と複雑な気持ちになったまめむち です。こんにちは。

さて、今回紹介するのはこちら↓

業務スーパーにて購入したキャベツたっぷりミニお好み焼です。冷凍食品ですね。10個入りで内容量300gなので、1個30gあたり28.5kcalです↓

面倒なので、「30kcal」でいいでしょう。30gで30kcalって、覚えやすいですし。

こちらが冷凍状態↓

こちらが電子レンジ加熱後↓

何の変哲も無い、普通のお好み焼ですね。特別に美味しいというほどではありませんが、不味いという事もありません。普通です。

肉系具材が入っていないので、その名の通りキャベツがメイン。シンプルでクセが無く、食べやすいと思います。

価格は税込み213円。1個あたり21.3円ですね~。

 

さてさて、修学旅行ですよ。3年生達は、まず名古屋へ行き、その後は富士急ハイランドへ行ってきたようです。名古屋→山梨って、ずいぶん飛ぶなあ~。・・・でも、2泊3日なら可能か。

富士急ハイランド、私は1回だけ行った事があります。確か20代前半くらいの時だったので、もう20年くらい昔ですね。フジヤマとかドドンパとか戦慄迷宮とか、印象に残ってますよ(※ドドンパが存続不可になってしまったのは非常に残念です)。シュウは1回も行った事が無いので私は、「へ~、いいじゃん富士急。あそこは絶叫系が有名だからね。シュウは楽しめると思うよ。」と声を掛けました。

 

しかしシュウは言いました。

 

「でも来年は長崎なんだって。だから自分の時も多分、長崎。流石に遠いから、新幹線で行くみたい。」

 

そうなのか。

 

まあ、長崎も色々ありますからね。その中でも、まず確実に行くであろうと予想されるのは、ハウステンボス。修学旅行で長崎なら、間違いないでしょう。それはそれで良いかもしれません。予習済みですから。

 

※参照↓

 

www.syuunoseityou.net

 

どこが行き先になったとしても、次こそは楽しく参加出来るといいなと思いますね。小学校の修学旅行は参加出来ませんでしたから。

 

そんなわけで3年生が戻ってきて、シュウは安心しているようです。支援学級の同じクラスには、1年生はシュウ含めて3人。でもそのうちの1人は、ずっと登校していないのだそうです。で、もう1人は女子。そういった事情によりシュウの場合、親しいのは1年生よりも3年生みたいです。2年生はいませんしね。

 

ん~、「同学年がいないorいても気が合わない」「1コ上がいない」というこのパターン。小学校の時と同じですね。そうなると、来年度が心配になります

シュウは小学校時代、上級生と楽しく過ごしていました。その反動で、上級生が全員卒業してしまってからの2年間は、学校生活にしんどさを感じるようになっていましたからねえ・・・。もちろん交友関係以外にも色々な面で苦痛を感じる事はあって、それらも原因には なっていたでしょうけれど・・・。

だとしても、親しくしていた子達の不在の影響は、特に大きかったんじゃないかなと思います。

 

まあとりあえずは、今を楽しむ事ですね。そこから良い方向に変化していってほしいです。

 

それでは今回はこのへんで。

 

 

 

忘れ物が多い+行動が遅い。

シュウが体調を崩した際に、「便はどう?下痢してない?」と聞いた私。すると彼は私に、「下痢って固い便?」という質問を投げ返してきました。そこで、「逆逆!」と思った まめむち です。こんにちは。

さて、今回紹介するのはこちら↓

ドラッグストアのコスモスにて購入したおとぼけくんです。5本入りのラクトアイスです↓

製造者は丸永製菓で・・・↓

1本あたり90kcal↓

溶けて垂れてくる事を心配せずに食べられる、パピコみたいなタイプのアイスです↓

バニラ味〇本、チョコ味△本・・・という感じではなく、二層仕様のアイスとなっています↓

パピコと比較すると開けにくかったです。持ち手の形状が違うので↓

シンプルなさっぱり系アイスに、氷の粒が混じっています「氷菓やシャーベットではさっぱりし過ぎてる。しかし普通のバニラやチョコのアイスだと重い。」・・・そんな気分の時に良さそうなアイスですね。

私はコスモスでしか見かけた事がありませんが、他の所でも取り扱っているのでしょうか・・・。価格は税込み298円なので、1本あたり約60円。安い。

 

さてさて、前回の続きです。シュウは忘れ物が多いタイプなのですが、それだけではなく準備が遅い。非常に遅い。「早めにやっておこう。」という姿勢が全く見られません。そこがまた厄介なんですよねえ・・・。

 

私は仕事が休みの日であれば、シュウの登校を見送っています。けれども仕事の日は、そうもいかず。勤務開始時間が早いので、シュウよりも先に家を出なければならないんですよ。

その為、家を出てから「今日は忘れ物しないで行けたかなあ? 体育があるか確認して、声を掛けるくらいすれば良かったかなあ?」とか考えてしまいます。

 

ただ、これもね。

 

シュウが早めに準備を終えてくれれば、心配しなくて済むんですよ。

 

登校準備を済ませてからのんびりしているのであれば、「あれ? さっき学用品をリュックに入れてたけど、給食袋は台所にあるぞ??」とか、「今日は美術があるって言ってたけど、終わらせた課題、机に置いたままになってる・・・。」とか・・・出勤前に見て気付けるじゃないですか。それで、シュウに声を掛けてあげられるじゃないですか。

 

しかし彼は、毎日毎日準備がギリギリ。「ゆっくり朝食を摂る→動画観て過ごす→ゆっくりトイレに入る→着替える→リュックに物を入れる」というのが毎朝のルーティン。そして、絶対に途中で走ってるよね。」とこちらが確信するような、ギリギリの時間になって、ようやく家を出ていくのです

 

私が仕事の為に家を出る時、彼はまだ「動画を見て過ごす。」の段階。この時点では、チェックのしようがありません。

 

私自身は、「準備は早めにする。」「面倒な事は先にやっておき、その後でゆっくり過ごす。」「余裕を持って家を出る。」というタイプ。だからな尚更ね・・「もうちょっとさあ・・・こう・・・。」とハラハラしてしまいます。

 

でもなあ~、こういうのって直らないんでしょうね。

 

最近ネットで、「子供が大きくなってくると親は、『自分の事は自分で。』というスタンスで接するようになる。けれども日常生活に支障が出るレベルで忘れ物(に限らないですけれど、トラブル)が頻発するのなら、『自分でやりなさい。』は適切じゃない。もうそこは割り切って、手助けしてやった方がいい。本人任せにしていると、失敗が続いたり怒られたりする事ばかりが増えていってしまう。」というような文章を目にしました。

 

シュウの場合も、これに当てはまるのかなあ・・・。まあ、とりあえず・・・

 

夏休み前に個別懇談があるので、その時に先生に聞いてみようと思います。シュウの実態を。

 

それではまた。

テストの日にそれを忘れるな。

あなたの家では、バターって常備していますか?我が家では基本的にいつも、カロリーオフマーガリンを使用しています。けれども偶々バターを買った際、シュウが食べるサンドイッチに使用してみました。シュウは何も言わずに完食しました。特に違和感は感じなかったようです。

「バターとマーガリンじゃあ、風味が全然違う。やっぱり美味しいのはバターだよ。」というのが一般論なのでしょうが、彼にとっては瑣末事みたいです。

その為、「じゃあこれからも、いつものやつ使おう。安いし。カロリーオフだし。」と思った まめむち です。こんにちは。

 

さて、今回紹介するのはこちら↓

業務スーパーにて購入した、バターブレンド50です。あ、上述の話の中でシュウに食べてもらったのとは別物ですよ。このバターは食塩不使用で、お菓子作りに適しているタイプ↓

450gもあるバターですが、純度100%ではないですね。色々ブレンドされたバターです↓

オープン↓

カットしてみました。内側の方が色が薄いです↓

大きいので、すぐに使い切らない場合は小分けにして、冷凍保存しておくのが良いかと↓

私も冷凍保存しておきました。そして後日、パウンドケーキを作ったり・・・↓

↑途中でアルミホイルをかぶせるのを忘れて、上がちょっと焦げちゃいました。

チョコケーキを作ったり・・・↓

↑炊飯器で作ったチョコケーキです。一時期、炊飯器レシピ流行りましたよね。

カップケーキを作ったりしました↓

ん~、まあ美味しいですけれど・・・バターの風味は薄いかなあ、流石に。純度100%のバターとは違いますね、やっぱり。

ただこの商品、税込み753円とお買い得な金額ではあります。参考までに、某ドラッグストアで類似品価格を調査してみた所、雪印のケーキ用マーガリン200gは税込み238円。雪印の北海道バター(食塩不使用タイプ)200gは税込み538円でした。

 

これらをバターブレンド50の450gという重さに合わせてみると・・・

 

ケーキ用マーガリン450g→535円

バターブレンド50 450g→753円

北海道バター450g→1210円

 

・・・となります。マーガリンよりは高いですけれど、バターと比較するとかなり安い! 「お菓子作りが好きだけれど、材料費は節約したい。でも、ある程度は味にも拘りたい。」・・・そんなあなたは、こちらを試してみては。

 

さてさて。我が家のシュウはADHDなので、基本的に注意力が散漫です。その為、忘れ物や失くし物が多い日々を過ごしています

ですからシュウが小学生の頃は、私も一緒になって、毎日持ち物を確認していましたね。

けれど彼は、もう中学生です。自力で出来る事を少しずつ増やしていかなければならないので・・・現在は私、持ち物チェックは ほとんどしていません。出来る限り、シュウ本人に任せています

 

彼も「自分でやらなきゃ。」という意識は持っている様で、時間割を見ながら自分で準備しています。自分1人で登校準備を済ませる事自体には、不満は無さそうです。

 

ただ。

 

やっぱり忘れ物するんだな、これが。

 

「今日、給食袋持って行くの忘れた。先生から割り箸を借りた。」「今日、箸持って行くの忘れたんだけどさ。スプーンが出たから運が良かった。」・・・くらいはまあ想定内なんですがね。

 

中間テストの日に消しゴムを忘れて行ったのは驚愕でした。

 

「今日消しゴム忘れて行ったんだけどさ。筆箱の中に偶々小さい消しゴムが入ってたから、事なきを得たよ。」との事で、結果オーライではあったのですが。

 

・・・まあ、そう言われてみれば・・・前日にシュウが勉強していた机の上。シュウの登校後にそこを見たら、消しゴムがちょこんと置いてあったなあ・・・あれか・・・。

 

家で勉強するのは良い事だけれど、使った物は元に戻しなさい。それと、準備は早めにしなさい。そうすれば、私が気付いて声を掛けてあげられたかもしれないのに・・・。

まあ、その辺の事情についてはまた次回。それでは。

自分って、知的障害者なんだ。

引っ越しに向けて、新しい洗面器を買ってきた まめむち です。こんにちは。

今使っている奴は汚くなっているので、捨てて行こうと思って。するとシュウは、その洗面器を見てバケツの色、変わったね。今使ってるのは緑なのに、白なんだ。」と言いました。

 

これ、一般的には「洗面器」と呼ばれているんですよ。


やっぱり、物の名前を知らないシュウです。

 

・・・さて、今回紹介するのはこちら↓

敦賀駅のオルパークにて購入したとみつ金時バームクーヘンです。今年3月の北陸新幹線敦賀延伸開業の際に敦賀駅に行き、その時に買いました。

紹介がかなり遅くなってしまいましたが、このバームクーヘンは思い出深い品です。敦賀延伸開業はシュウの小学校卒業目前の時期でしたから、支援学級の子達にもお土産として買って渡したんですよ。「今までありがとう。」の気持ちを込めて。

 

シュウ自身はサツマイモが苦手なので、全く食べていませんけれどね。

 

ふんわり系バームクーヘンで、ほんのりとサツマイモの風味がします。個人的には、もうちょっとサツマイモの主張が強くてもいいんじゃないかなと思いますね。

価格は税込み324円。

期間限定販売ではないと思うので、現在も売っているのではないでしょうか。賞味期限も1カ月半くらいありますし、機会があったらあなたも是非。

 

さてさて。発達障害児であるシュウは、療育手帳を所持しています。これにより様々な場面で障害者割引が適用されるので、ちょっとお得になります。ありがたい事です。

まあ「シュウが所持している」と表現しましたが、普段管理しているのは私です。私が持ち歩き、必要な場面で提示する事が多いんですよね。

 

この療育手帳、障害者割引を設定している施設を利用するときは勿論、鉄道(※適用されない鉄道もあるかも)を利用する際も条件次第で割引が有効となります。軽度判定のシュウの場合、100km以上の長距離利用の時に限り、乗車料金が半額になるんですよ。もっと判定が重い場合はまた違うのかもしれませんけれどね。

 

シュウは鉄オタですから、これは非常にありがたい。小さい頃は療育手帳の存在も効果も知らなかったシュウ本人ですが、現在はそのありがたい効果を認識しています。1人で遠方に行く際は、「療育手帳貸して。」と言って持って行きますしね。

 

ですから彼は思ったのでしょう。「そもそも『療育手帳』って何? 誰もが持っている物ではないようだし・・・。」と。

 

で、彼はネットで検索を開始しました。そして私に言いました。「自分って、知的障害者なんだ。」と。

 

正直、ドキッとしましたね。

 

※参照↓

 

www.syuunoseityou.net

 

ただ、その時はそれだけでした。彼はそれ以上何も、私に言ってくる事はありませんでした。その為、自分が知的障害者であるという事に対し、彼がどういう感想を持ったのかは不明です。

 

ちなみになんですが、私はシュウが検索して出てきた画面を一緒に見ていたわけではありません。ですから、シュウが取り込んだ内容について、具体的な事は分かりません。でもやっぱり気になるので、とりあえず「療育手帳とは」と検索してみました。

すると、「知的障害のある方に交付される障害者手帳」と出てきました。

そこから更に、「知的障害者とは」と検索してみました。すると、「知的能力と社会生活への適応能力が低い事で日常生活における困難が発達期(18歳以下)に生じている状態の事と出てきました。

 

シュウがどこまで調べ、それをどこまで理解したかは分かりませんが・・・さて、どう感じたか。「ええ~?! 僕、そんな事ありませんけど?!」と思ったか、「あ~・・・たしかに・・・。」と思ったか。

 

どちらにしても、必要以上の劣等感は持たずに生きていってほしいです。「得意不得意を認識し、困ったときには助けを請う。」「でも、自分で出来る事は自分でする。」「配慮してくれる周囲に、感謝の気持ちを忘れない。」・・・そういう心構えは大事だと思いますけれどね。腐らずに前を向いてほしいです。

 

今回はこのへんで。

 

プールに行かなくなったなあ・・・。

前回はプールの授業の話をしましたが・・・その話をしながらふと、「そう言えば、プライベートではプールって暫く行ってないなあ・・・。」と思った まめむち です。こんにちは。

さて、今回紹介するのはこちら↓

業務スーパーにて購入した薄焼き餅バジル入りです。

以前紹介したノーマルバージョンやほうれん草バージョンの姉妹品ですね.。5枚入りで、1枚あたり367kcal。餅と餅の間には紙が挟んであります↓

そのおかげで、1枚ずつ取り出しやすいです↓

フライパンで焼くと、こんな感じ↓

外側サックリ内側もっちりで、塩胡椒っぽい味がします。これがバジルの風味・・・なのか・・・?

そのままでも食べられるくらいの塩気はありますが、やっぱり何か付けたりアレンジしたりして食べるのが良いかと。

ピザにすると、やっぱり安定の美味しさ↓

ハムやチーズを巻いて、ブリトーっぽくしてもOK↓

ただ、ピザやブリトーは前回もやった食べ方なんだよな・・・。よし! 今回は甘味とも合わせてみよう↓

焼いた薄焼き餅にバターを塗り、溶けたバターの上からあんこを塗り広げてみましたれねえ、美味しいですよ。甘いとしょっぱいの組み合わせが苦手でなければ、試してみる価値ありです。

この商品、価格は税込み483円でした。かつて購入したノーマルやほうれん草は408円でしたから・・・このシリーズも値上がりしているという事ですねえ・・・。

 

さてさて。前述したように、シュウはここ最近プライベートでは全くプールに行っていません。水遊びが好きなので、幼い頃にはよく行っていましたが。・・・まあ、「よく」とは言っても、たかが知れた回数でしたけれどね。近所にはプールが無くて、行くとなると遠出必須でしたから。それでも、年に1~2回は行っていたと思います。

 

それが、いつから行かなくなったのか。最後に行ったのはいつ・・・?

 

ブログを遡って確認してみた所・・・最後のプールは、小4の夏休みに行ったハワイアンズでした

 

※参照↓

 

www.syuunoseityou.net

 

そっか~。じゃあもう、3年近くプールに遊びに行ってないんだな~。シュウは興味の幅が狭く、大人しくしているのも苦手な子でしたからね。プールは数少ない、思う存分楽しめる場所だったんですよ。

けれども成長するに従って、興味の幅も広がっていきました。落ち着きも出てきました。そうなると、プール以外にも楽しめる事は増えていきます。その結果、プールからは足が遠のいたのかもしれませんねえ。

 

まあ正直、私と2人でプールに行っても微妙でしょうしね。小学校高学年や中学生ともなると。

 

兄弟姉妹がいれば色々遊べるでしょうがシュウは1人っこなので、そういう遊び相手はいませんし。友達と行くというのも、ハードルが高い。

 

だから水泳の授業でワイワイ楽しめれば、それで満足なのかもしれませんね。

 

そんなわけで、プールからは足が遠のいている昨今ですが・・・それはそれで心配事が解消されて良い面もあったりします

以前ブログで話した事があるのですが、更衣室問題の件です。

 

※参照↓

 

www.syuunoseityou.net

 

この心配がね、無くなりましたね。今後も「お母さん(私)とプールに行きたい。」なんて言う事は無いでしょうし。友達と行く機会があったとしたら、友達が一緒なので安心ですし。

 

シュウが小さかった頃の、将来的な心配事。気付いたら自然解消されていました

 

今回はこのへんで。それではまた。