発達障害の子との毎日

発達障害の子供との日常を綴っています。真面目な話あり、くだらない話ありです。

中学校、人間関係はどんな感じか?

シュウが小学校の卒業記念品として持ち帰ってきた、手作りの時計付き小物入れ。表にはマーチングの担当楽器。裏には思い出深い校舎。それらが丁寧に描かれた良い品なのですが・・・↓

 

時計の秒針の音がメチャクチャうるさい。

 

そのため現在、時計の電池は外した状態で使用している まめむち です。こんにちは。シュウ本人も「うるさい。」と言っていましたし、自分では使わないとの事だったので(※「あとは時計をセットするだけ。」という状態で持ち帰ってきて以降、部屋の片隅に放置されていた。私が時計をセットして完成させた)

 

さて、今回紹介するのはこちら↓

イオン系列のビッグにて購入したすいかチョコチップクッキーです。

何年か前にも、どこかのスーパーで見かけた事があったような気がしますが・・・また出たという事は、人気があったのでしょうか? 生のスイカは大好きなので、気になって買ってきました。

オープン↓

1パック5枚で246kcal。1枚50kcalと考えると、覚えやすいですね↓

通常のクッキーと違う風味は感じますが・・・これはスイカというよりも・・・メロン? 「メロン味のお菓子を食べた時の印象と似ているな。」と思いましたね。

それほどクセは無くて食べやすいです。が、そこが逆に残念。「すいか味」って、お菓子のバリエーションとしては珍しいじゃないですか。それだったらもっと、良くも悪くもインパクトが欲しかったかな。不味いわけではありませんけれど。

価格は税込み137円でした。

 

さてさて。早いもので、もう6月ですね。とりあえず今の所、シュウは毎日学校に行っていますが・・・どう過ごしているのやら。・・・もっと具体的に言うと、交友関係はどんな感じなのやら

そのあたりの事を本人に聞いてみました。

すると、「楽しいよ。色々聞こえてきて楽しい。何もやる事がないよりは、楽しい方がいいよね。」という言葉が返ってきました。

 

シュウは、対人関係にトラブルを抱えやすい発達障害児。それ故、小学校では普通学級の子達と打ち解けるまでに、相当な時間が掛かりました。6年かけてようやくって感じでした。

 

※参照↓

 

www.syuunoseityou.net

 

ですから、「ほぼほぼ人間関係がリセットされてしまう中学校では、またイチからやり直しだなあ。苦労しそうだなあ。」と予想していました。それはある程度当たっており、シュウは現在も、他校出身者とはあまり話せていないようです。

普通学級では月1で席替えがあるようなのですが、つい先日も「自分の周りは全員、他の小学校の人ばっかり。知ってる人が1人もいない。」と話していましたし。

 

ただ、自身自分は会話に参加出来ずとも、「周囲の人の話を聞いてるだけでも、まあまあ楽しい。」という心持ちでは あるようです。それが上述の、「色々聞こえてきて楽しい。」という言葉の真意なのでしょう。

 

中学校生活は、小学校の半分くらいしかありませんからね。しかも1クラスしかなかった小学校と違い、クラス替えもあるでしょうから・・・同級生と打ち解けるには、時間が掛かりそうですね。

 

ただ、支援学級では結構話せているみたいです。少人数制で、シュウも合わせて6人しかいませんからね。楽しく過ごせているようです。上級生が、上手く接してくれているのでしょう。人は違えど、そういう構造は小学校時代と変わらないですね。感謝感謝。

 

では、コンピュータ部での活動の際はどうなのか?? それについても本人に聞いてみましたが、「あまり話さない。」と言っていましたねえ・・・。まあ、団体競技的なものではありませんしね。皆でワイワイというよりは、1人でPCに向かって黙々・・・という時間が多いのかな。

だとしても、皆で協力しなければならないであろう、マイクラカップなんかもあるみたいですしね。時には1人で没頭し、時には皆であーでもないこーでもないと試行錯誤。そんな感じで、有意義に過ごしてほしいですね。

 

今回はこのへんで。