発達障害の子との毎日

発達障害の子供との日常を綴っています。真面目な話あり、くだらない話ありです。

6時間目まである曜日が祝日になると、やっぱり嬉しい。

1月ってまだまだ寒いのに、陽は長くなってますよね。12月は17時ともなれば外は真っ暗だったのに、最近はまだ明るいです。日没は遅い方が良いので嬉しい まめむち です。こんにちは。

さて、今回紹介するのはこちら↓

f:id:mamemuchi:20200119144407j:plain

ニチレイさんの特からです。業務スーパーにて購入したのですが、普通のスーパーでも見かけたように思います。

f:id:mamemuchi:20200119144419j:plain

電子レンジ専用のようです。珍しいですね。とりあえず表記通りに加熱してみました↓

f:id:mamemuchi:20200119144907j:plain
表面はサクサクしたタイプではないです。けれども、ベチャッとしてるわけでもないので問題なしですね。
柔らかい鶏もも肉に醤油ベースの定番味。美味しいです。胡椒っぽい風味や辛さを感じましたが、アクセント程度です。辛すぎるという事はないです。

でも、飲み込んだ後も喉や口中に辛味が残るので。小さい子はもしかしたら苦手かも・・・?

f:id:mamemuchi:20200119144429j:plain

100gあたり193kcal。415g入りで税込み386円です。手軽で美味しいのでお勧めです。

 

さてさて。ハッピーマンデーの影響で3連休の頻度が高い昨今の日本。世の土日祝日休みの社会人や学生同様、シュウも3連休は嬉しいようです。

ただ、他の曜日が祝日になる場合も当然ありますよね。数か月前もそうでした。

 

その日、学校から帰ってきたシュウは、「次の土日月は3連休だよ。」と言いました。私はシュウにカレンダーを見せ、言いました。

来週の祝日は火曜日だから、3連休ではないよ。1日飛ばしだよ。」と。

 

来週分の時間割を確認するシュウ。自身の勘違いに気付き、ひどく落胆しました。

 

「え~?! もお・・・何でだよぉ・・・。」とか「3連休じゃないのかー・・・。」とか、ブツクサ言っています。

 

けれども彼はふと気付きました。

 

週唯一の6時間授業日である火曜日が潰れてくれた方が、月曜休みよりもお得だという事に。

 

現在小2のシュウは、月水木金は5時間目で終わりです。火曜日だけが6時間授業なのです。

 

そこに思い至ったシュウは、喜々として「火曜日は6時間だから(火曜休みで)嬉しい。」と言い出しました。

 

ものすごい手の平返しだなあ。

 

まあ、学校生活は楽しいだけではないですもんね。低学年と言えども、苦労はあるようです。

 

3年生に進級すると、6時間授業の日は週2になります。慣れるまではブツブツ言いそうだなぁ~。

 

それでは今回はこのへんで。

 

 

 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クツワ おうちの時間割ボード metete<ミテテ> me204
価格:1157円(税込、送料別) (2020/1/19時点)


 

自分の名前について思う事。

偏食児シュウの好きなジュースはりんごジュースです。けれどもりんごジュースなら何でも良いわけではないらしく、なっちゃんのりんご味は気に入ってくれませんでした

f:id:mamemuchi:20200113160037j:plain

一口飲んで「これは嫌だ。」とシュウは言いました。私は好きなので、このジュースは結局私が飲みました。まあメーカーによって違いがあるのは当たり前ですが、なっちゃんって別段クセが強いわけでもないですし、酸味がキツすぎるわけでもないですよね。どのあたりが気に入らなかったんだろう・・・。ちなみにQooのりんご味は大丈夫みたいです。人の好みは千差万別なんだなぁと改めて感じた まめむち です。こんにちは。

 

さて、今回紹介するのはこちら↓

f:id:mamemuchi:20200113160618j:plain

業務スーパーさんのハルヴァ プレーンです。トルコの伝統的なお菓子だそうです。どんな味なのか興味が湧いて、買ってきました。

f:id:mamemuchi:20200113160629j:plain

パッケージによると、食感が特徴らしいですね。「口の中でほどけるような独特な食感」・・・楽しみです。では開封↓

f:id:mamemuchi:20200113160639j:plain

香りはピーナッツバターにゴマの香りが混ざったような感じですね。見た目もピーナッツバターみたいですし。包丁を入れた感触は、冷えたバターみたいな強度でしょうか。ガッチガチで切りにくいという事もなければ、クリームみたいにヤワヤワしているという事もないです。キレイに切り出してお皿に乗せようとしたのですが、形が崩れてしまいました↓

f:id:mamemuchi:20200113161352j:plain

それでは実食。・・・これ、何かに似てる。私はこういう食感の食べ物を知っています。何だろう・・・何だろう・・・。・・・・・・シュガーバターを口に入れた感触に近い・・・かなあ・・・。ゴマなのかな、滑らかさの中にシャリシャリした食感が混じっています。


パッケージにある通り、たしかに独特な食感のお菓子です。


噛まなくても口に含んでいるだけで溶けてなくなります。噛んで食べていると、噛み合わせの部分に少々くっついて残りますね。

味は、甘いんですけどクドくはないです。脂肪分っぽいコクにゴマの風味。

独特ですが美味しいと思います。

 

・・・あ! 食べながら考えていたら気付きました。あれだ! パンに塗るスプレッドに似てるんだ! 

 

実際、パンに塗って食べたら美味しかったです。違和感なかったです。本物のスプレッドと違って伸びは悪く、滑らかに塗る事はできないのですが。サンドイッチなら問題ないです↓

f:id:mamemuchi:20200113161950j:plain

 

甘いとしょっぱいの組み合わせが苦手じゃなければ、ピザ用チーズと一緒にトーストしても美味しかったです↓

f:id:mamemuchi:20200113162000j:plain

 

もうね、一旦スプレッドと思ってしまったら、そうとしか思えなくなりました。そのまま食べる事はせず、パンに合わせてばっかりです。

 350g入りで税込み300円です。100g517kcalなので、全部で約1810kcalですね。

気になるあなた、不味くはないので買って損はないかと。私は試してないのですが、エスニック系煮込みの隠し味にも使えそうです。

 

さてさて。小学校って、自身のこれまでの生い立ちを振り返る授業があったりしませんか? 私が小学生の時はありました。そして現在2年生のシュウの場合も、どうやらあるみたいです。

先日シュウが、「自分の名前について」という宿題を持ち帰ってきました。自分の名前にどんな意味があるのか、名前を付けた人はどういう考えでその名前にしたのか・・・等を調べて、感想を書くという宿題です。

 

私は宿題のプリントにシュウの名前を書き、使われている漢字が持つ意味どういう願いを込めてその名前にしたか等も書きました。そして、書いたそれをシュウに読ませました。

 

あとはシュウが自分の考えを書けばOKです。

 

けれどもシュウは、「何?」「お母さんが書いて?」「何を書くの?」と困惑しています宿題の意図が読めないのです。

発達障害児は漠然とした質問が苦手です。具体的な質問であっても、語彙が乏しかったり読解力が弱かったりする場合は、やはり適切な回答ができません。

 

私は、「シュウは自分の名前の事をどう思いますか?」と聞いてみました「自分の名前の事で、思った事を書けばいいよ。考えた事を書けばいいよ。」と。

シュウは少し考えた後、プリントに何やら書き込み始めました。出来上がった文章がこちらです↓

f:id:mamemuchi:20200113163510j:plain

訳:〇(※シュウの本名に使われている漢字)は、中3でならいます。なかなかむずかしい

  けど 書けてるのは書けています。△(※これも名前の漢字)は書いていて ならう学年 

  は、小4です。

 

多分、質問者が望んでいる回答はそういう事ではないと思う。

 

ついでに言うと、私が望んでいるのもそういう回答じゃない。

 

でもシュウはちゃんと、「自分の名前について思った事」を書いたんですよね。

 

彼にとっては、小難しい由来だの意味だのは琴線に触れる事柄ではなかったのでしょう。そんな事よりも、「この漢字は難しい。」「この漢字は習ってないけど書ける。」という、日常生活に根差した部分の方が大事なのでしょう。

 

・・・・・・・・・先生も「家で書くのが難しければ学校で書いてもらうので。」って言ってたし。

 

後の事は学校の先生にお任せします。

 

それでは今回はこのへんで。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOKMAN プレーンハルヴァ 300g - LOKMAN Plain Halva 300g
価格:943円(税込、送料別) (2020/1/13時点)

↑試しに検索してみたら、楽天でもハルヴァを取り扱っていました。プレーンの他に、ピスタチオやココアも売っていました。

 

↑「りんごジュース」と言えば、我が地元秋田の「増田のりんごジュース」を推したい。青森ほど有名ではありませんが、何気に秋田もりんごの産地です。

 

通常学級では基本的にはおとなしい発達障害児。

冬休み中は体調を崩してしまい、どこにも遊びに行けなかったシュウ。その代わり、欲しがっていたswitchのプロコンを買ってあげました↓

f:id:mamemuchi:20200113142645j:plain

本当はお年玉で買う予定だったのですけれどね。遠出しなかった事で出費も抑えられましたし。何も特別な事がなかった冬休みってのはあんまりなので、私がお金を出しました。

シュウはとても喜んでくれたので、買って良かったなぁと思っている まめむち です。こんにちは。

 

さて、今回紹介するのはこちら↓

f:id:mamemuchi:20200113152856j:plain

業務スーパーさんのイタリア産ビスケット2種です。

まずはこちらのオーツ&ホールグレイン

f:id:mamemuchi:20200113153022j:plain

直径5.8cm厚さ7mmくらいのサイズで、ザクザクした食感が美味しいです。ちなみに横から見た厚さはこんな感じです↓

f:id:mamemuchi:20200113153628j:plain

甘さが強すぎないので、スープやサラダ、卵なんかを添えれば食事にも良さそうです。

f:id:mamemuchi:20200113153034j:plain

1包装20枚入りで総重量は250g。100g458kcalなので、全部で1145kcalですね。1枚あたり約57kcalという事です。

 

お次はチョコ&ココアとヘーゼルナッツのグラノーラ

f:id:mamemuchi:20200113153746j:plain

オーツ&ホールグレインよりも甘さが強めですね。チョコ味だからでしょうか。こちらもザクザク食感が特徴的で美味しいです。

f:id:mamemuchi:20200113153757j:plain

100g455kcalで、内容量はオーツ&ホールグレインよりも少なめな230g。20枚入りなので、全部で約1047kcalです。1枚あたり約52kcalですね。

お値段はそれぞれ税込み213円です。

 

さてさて。シュウは現在小学校生活2年目。支援学級での生活は慣れたもので、ふざけたりいたずらしたりするだけの余裕が出てきている様です。

では、通常の2年生の学級ではどうかと言いますと・・・やはり支援学級とは勝手が違うみたいです。

 

通常学級でのシュウは、一言で言うとおとなしいです。支援学級では仲が良い子とふざけていて先生に注意される事がよくあるのですが、通常学級ではそういう事は皆無です。先生の指示通りに動けない場合でも、ふざけていて話を聞いていなかったとか、おしゃべりに夢中になっていたとかではなく、自分の世界に入っていて話が聞こえていないというパターンが多いです。

 

支援学級ほど仲の良い子がいないという事でしょう。

 

まあ、休み時間も給食の時間も支援学級で過ごすのでね。仕方ない気はします。

 

先生の一斉指示の後にみんなが動き出すような場面では、ボーッとしていたりウロウロしたりする様子が目立ちました。

何をすれば良いのか分からないのでしょう。

 

発達障害児は一斉指示が苦手な場合が多いです。シュウも例に漏れず苦手としています。個別に話してもらわないと、なかなか理解できません。支援学級と比べると、通常学級はそもそも人が多いですしね。気が散りやすくなりますし、落ち着かないのです。

 

図工の授業で作ったゲームやおもちゃを教室内に設置して、他の学年の子達に遊んでもらうイベントが以前あったのですけれどね。その際は、最初のうちはシュウもみんなと一緒にお客さんの相手をしていました

しかし後半になると、集中力がきれてしまったのでしょうね。お客さんの相手や運営を完全に放棄しました。床に寝そべったり手遊びしたりして、自分の世界に入ってしまいました

 

ただ、どこかに逃走したりはしません。その場にいなければならないという事は分かっているのです。

 

ちなみにその時の他の子達の様子ですが。彼らはシュウに対して、これと言って苦言を呈する事はせず、自分達でゲームコーナーをしっかり運営してくれていました。シュウの振る舞いに慣れているのかもしれません。ありがたいような申し訳ないような・・・。

 

そんなわけで、通常学級でのシュウは基本的には物静かです。ふざけて騒ぐ事はありませんし、苦手な事がある場合でも泣きわめいたりはしません静かに自分の世界に入ります。

 

ただ、そんなシュウもキレる時があります

 

とある授業参観の日の事です。支援学級での授業を終えて、次の授業の為に通常学級へ向かったシュウ。

2年生の教室に入ると、一人の保護者がシュウの椅子に座っていました

ずっと立ち見は疲れますからね。空席だったのでちょっと拝借したのでしょう。

 

クラスのみんなはシュウの姿を見ると、その保護者に「ここはシュウ君の席。」という旨を伝えてくれました。その保護者もすぐに席を立ち、シュウに着席を促してくれました。

 

しかしシュウは怒りました。

 

彼は持っていた筆箱を床に投げつけました。そして廊下に倒れこみ、しばらく動きませんでした

 

面倒くさ~。・・・そして気まずい~

 

シュウは想定外の事態に対応する事が不得手です。いつもと違う状況が苦手です。

 

自分しか座るはずのない自分の椅子に、何の事前説明もなく見知らぬ他人が座っているというのは、シュウにとっては驚愕の光景なのです。

 

すぐに譲ってもらえたとしても、自分の想定外の事態が発生し、ペースを乱された事実は変わらないのです。

 

シュウ、最終的には教室に入ってくれましたけれどね。

 

結論として、シュウは予想外の出来事がおこってパニックにならない限りはおとなしいです。みんなでやらなければならない事を放棄する場合はありますが、その際も邪魔はしません役に立たないだけです。

 

プラスマイナスゼロですので、温かい目で見てくれるとありがたいです。

 

それではまた。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Proコントローラー
価格:6910円(税込、送料無料) (2020/1/13時点)

↑switchと言えばJoyコンですが、操作のしやすさはやっぱりproコンが上ですね。

 

↑純正品以外にも色々と出ているので、用途や予算と相談して選択すると良いですね。

 

悪乗り全開な発達障害児。

暖冬で雪が降らないのは嬉しいですが、雨が多くてウンザリな まめむち です。こんにちは。丸一日晴天な日は貴重です。

さて、今回紹介するのはこちら↓

f:id:mamemuchi:20200111095830j:plain

業務スーパーさんの大盛ハヤシです。ハヤシと言えばハヤシライスだと思うのですが、ご飯を新たに炊くのが面倒で、とりあえずハヤシスパゲティにしてみました↓

f:id:mamemuchi:20200111095852j:plain

和えるスタイルではなく、上にかけるスタイルにしてみたのですが・・・ダラーッと広がってあまりキレイじゃないですね・・・。和えた方が良かったかも。

そんなわけで煮詰めてみました↓

f:id:mamemuchi:20200111095902j:plain

うん、こっちの方が良いですね。見た目だけじゃなくて味の方もね。そのままだと酸味が強めでサラッとした食感でして、もうちょっとコクや旨みが欲しい所なんですよ。お値段を考えれば悪くないのですが。冷めても美味しいですし。

煮詰めると、それらの物足りなさが解消されます。

f:id:mamemuchi:20200111095841j:plain

ハンバーグソース・ドリア・オムライス等々、用途は幅広いこの商品。私が買った時点で賞味期限は2年くらいあったので、日持ちは抜群です。常温保存OKですし、非常食としてのストックにも使えますよね。

4袋セットで税込み374円なので、1袋は約94円ですね。1袋あたり250g158kcalです。

 

さてさて。昨年の話になりますが、授業参観で学校に行く機会がありました。その際、シュウの学校生活を観察する事ができました。

シュウが一日の大半を過ごす支援学級では、周囲は気の置けない仲間ばかりです。シュウはすっかり打ち解けています。学年問わず(※支援学級は縦割り)、休み時間には楽しそうに遊んでいました。

 

ただ、シュウは時にうっとおしい奴です。教室の出入り口の番人になり、通る人通る人に「ジャンケンで勝たないと通れません。」だの「パスワードを入れてください。」だのと言っていました。次の授業の為に移動しようとしている上級生でもお構いなしです。

 

急いでいる場合は大変厄介な番人です。

 

けれどもみんな、面倒くさがって強行突破したりはせず。律儀にシュウの相手をしてくれていました。

人間ができている。

 

そして給食タイム。この日のメインメニューはかき揚げうどんです。偏食児シュウは先生に、かき揚げの中からちくわだけを取り出してもらっていました。かき揚げ構成食材の中で、ちくわだけは食べられるようです。

うどんの汁にはエノキが入っていました。シュウは「きのこは嫌だ。」と言い、これも先生に取り除いてもらいました。

わかめも入っていて、それも嫌がりました。

 

けれども周囲からの「わかめご飯は好きじゃん。」との声に押されて、何とひとかけら口にしました

 

こういうのがみんなで食べるメリットですよね~。

 

そんな風に、支援学級ではみんなにかわいがってもらい、良い影響を受けているシュウ。それはとても喜ばしい事で私としても嬉しいです。・・・が、物事は一長一短。困った事も。

 

シュウ、休み時間以外もふざけるようになっています。

 

子供ですからね。近くに仲が良い子がいますからね。休み時間が終わっても、まだ遊びたいんですよ。ふざけたいんですよ。もう遊ぶ時間は終わりと分かってはいても、ついつい悪乗りしてしまうんですよ。

 

まあそれはシュウに限らず、子供は大なり小なりそんなものかもしれませんが。

 

ケジメがつけられなくて先生に注意されることもしばしばでした。他の子の悪ふざけにシュウが乗っかっていく場合もありますが、シュウ発信の悪ふざけに他の子が引っ張られて、結果2人で叱られる事も

 

私はそんな様子を見て、何とも複雑な気持ちになりました。

 

だって、どうしてそんな行動をするのですか? 友達と接するのが楽しいからですよね。友達と一緒にやりたい事があるからですよね。話したい事があるからですよね。みんなに関心を持っているからですよね。

 

大人だってそうじゃないですか。周囲に友達が全くいなくて、話も合わない盛り上がる話題もない人ばっかりな状況で、ペラペラペラペラ話しますか? 自分を攻撃してくるような意地悪な人間に積極的に関わろうとしますか?

しないですよね?

 

ケジメをつけられない事自体は困りますが、それって「ついついハメを外しすぎてしまうくらいに、楽しい学校生活を送る事が出来ていて、楽しい仲間がいる」証だと思うのですよ。

 

シュウは対人関係で困難を抱えやすい発達障害児です。実際、幼稚園時代は特定の仲良しはいなかったようです。イジメられたり積極的な仲間外れの対象にされたりする事はなかったようですが、みんなと何となくフワ~ッと付き合っているだけで、特別に親しい子はいませんでした。

 

そのような状況では、ハメの外しようがありません。

 

けれども今は違います。一緒にバカをやってくれる友達がいます。

 

私はそれがものすごく嬉しいです。

 

学年が上がるにつれて、判断力や自制心は成長するでしょう。今はまだ、「たまには悪乗りもしょうがない。」と思っています。

 

先生は大変だと思いますけれど。

 

感謝してます。ほんとに。

 

それでは今回はこのへんで。

 


 


 

集中力を発揮した発達障害児。

子供達は3学期が始まりましたね。3学期は短いので、あっと言う間に春休みになるでしょうね~。今回のシュウの冬休みは、インフルエンザのせいで半分潰れました。遊びにも行けなかったので、春休みはどこかに連れて行ってあげたいと思っている まめむち です。こんにちは。

さて、今回紹介するのはこちら↓

f:id:mamemuchi:20200107204810j:plain

北海道土産の定番マルセイバターサンドです。北海道に行ってきたわけではないんですけれどね。近所のスーパーの物産展で購入しました。これ、好きなんですよ~。

f:id:mamemuchi:20200107205433j:plain

製造しているのは六花亭さんです。パッケージにはデザインについてこのように記載されています↓

f:id:mamemuchi:20200107205823j:plain

パッケージデザインが独特ですんもんね~。商品の味はもちろん、このデザインも特徴ですよね。ちなみに箱の中の個包装も、外側の包装と同じデザインです↓

f:id:mamemuchi:20200107205105j:plain

では実食。甘さ控えめなしっとりクッキーで、たっぷりのクリームとレーズンが挟んであります。これ、レーズンをケチっていないのが良いです。レーズンが申し訳程度にチョコッとしか入っていないレーズンサンドクッキーも巷には蔓延っていたりするじゃないですか。しかしこの商品は違うのです。分かりやすいように片側のクッキーを外してみました↓

f:id:mamemuchi:20200107205813j:plain

どうです? レーズンたっぷりですよ。そして、クリームもたっぷりです。食べ応えもあるし、美味しい~! クリームの味は見た目の印象よりもサッパリしていて、しつこさがありません。レーズンの味を消す事なく調和しています。

このバターサンド、冷凍しても硬くなりすぎないので良いです。ひんやりして美味しいです。

お値段は税込み650円。5個入りなので、1個あたり130円ですね。六花亭さんのサイトによると、1個168kcalとの事。そのボリュームから、もっとハイカロリーだと想像していましたが・・・意外とそうでもないのですね。これは嬉しい。

 

さてさて。前述のように、シュウは冬休みの半分を寝たきりで過ごしました。冬休みに入ってすぐにインフルエンザに罹ってしまい、冬休みの前半はそれで潰れました。

後半は体調管理や体力回復の為、家でゆっくりと過ごしました。

 

そんな状態だったので、回復した時には宿題がたくさん残っていました。まあ夏休みの宿題よりは種類も量も少ないですが・・・。それでも国語算数のドリル系が4冊に絵日記・九九の暗唱・読書・音読・・・等々・・・。

始業式までの約1週間で全て終わらせるのは厳しい量です。

 

発達障害児シュウは、もともと集中力が長く続きません。文章の理解にも多くの時間が必要です。言葉の理解が遅いので、算数の文章問題や国語の長文問題は時間がかかるのです。

 

私は、全て終わらせるのは無理だと結論付けました。

 

シュウには冬休みの半分を病気で寝て過ごしたから、宿題は全部できなくてもしょうがない。絵日記は書く事がないし。九九の暗唱も出来なかったけれど、ドリルで掛け算の問題はやったからそれでOK。縄跳びは3学期に頑張ればいいし。ドリルは1冊残っているけれど、それも3学期に少しずつやればいいよ。というような事を伝えました。

 

けれどもシュウは、根は真面目なのでしょう。全く手を付けていないドリルに、冬休み最終日の夕食後に取り組みました。普段は2~3ページで「もう疲れた。」「もう無理。」と言うのに、集中して全て終わらせました。

 

2日に1回取り組むつもりだったのに出来なかった音読も、「あ、やってなかった。」と言って2回読みました。

 

最後に頑張ったな~。

 

まあドリルとは言っても小2ですからね。高校の問題集みたいな分厚い物ではありません。ページ数はそれほど多くない、薄い冊子です。

けれども、その程度のドリルでもシュウにとっては大変な課題です。短時間で一気に終わらせるのは難儀な量です。

 

ですから私は驚きましたよ。シュウの8年数か月の人生の中で、一番の本気と集中だったと思います。

 

始業式の日は、頑張った宿題をランドセルに詰め込んで元気に学校へ向かったシュウ。短い3学期、仲良しの6年生と過ごせるのも残りわずかです。毎日楽しく学校生活を送ってほしいですね。

 

それではまた。